Posts

Showing posts from October, 2010

Meet Yuri Everybody! ユリちゃんをしょかいします!

Image
こんにちは。
下條ユリと申します。
NYブルックリンとマウイ島ハナ、という2つの”ナマのジャングル”を行き来しながら、
絵を描いたり文を書いたり踊ったりして暮らしています。
www.yurishimojo.com

私は生まれも育ちも東京ですが、子供の頃にハワイで多くの時間を家族と楽しく過ごしました。
92年頃、日本でイラストレーターとしてお仕事をさせていただいていた私に「是非会わせたいの」と知人が紹介してくれたのがジュンコさんです。
70年代の古き良きハワイの話が懐かしくできる人に東京で会うなんて!
初めて会った気がしない魅力的な縁をハワイの神様に感謝したのを覚えています。

その自然な出会いは不思議な運命に導かれ、
当時海外アーティスト専門のエージェントとして有名なCWCの社長ジュンコさんは、
一大決心(?)の末その掟を破り、
私を日本人初の所属イラストレーターとしてCWCに迎え入れてくれました。
そしてまさに数日後、私の母が突然の癌の告知を受けます。
母の看病に専念を余儀なくされた私を、力強く見守ってくれたジュンコさん&CWCオハナ。
忙しい仕事との両立を助けてくれたばかりではなく、
それから数年たて続けに家族を亡くした私に、
家族は血のつながりだけじゃあない、ということを教えてくれました。
今思うと、ハワイの神様ははじめからジュンコさんと私のハナイ家族としての関係を祝福してくれていたように思います。

私は98年に東京を巣立ってNYに移り住みます。
相変わらずお仕事以上の特別な関係を失うことのないジュンコさんは、
私にとってmama, sister, girl friend, 先輩、恩人、いろいろな関係があてはまる存在です。
そしてこの夏、
マウイ島のハナという秘境の地にて初めてのフラを習いはじめた私にとって、
ジュンコさんはますますかけがえのない存在になりました。
それは貴重なmana'o(おしえ)を授けてくれる恩師であり、
もしかしたら将来、もっとおおきな可能性を一緒に歩んで創っていけそうなcomrade (同志)になるかもしれません。
これからが、ますます楽しみです。
ね、ジュンコちん。

Aloha Ke Akua
Aloha Festivalとは Makahiki (http://en.wikipedia.org/wiki/Makahiki )という古代ハワイの豊年を祝うお正月やクリスマスのような1年の区…

Kahekili

Image
Kahekiliのげきをみれたひとたち、すばらしかったですね!色々なオリをきかせてもらい、10人のくむたちのおどりもみれました。マウイのすばらしいれきしもしることができました。そして、アンティーホークのお手伝いもさせてもらい本当にかんしゃのきもちでいっぱいです。次の日のワークショップもとってもたのしかったし、べんきょういっぱいできました。まんぞくのきもちとかんしゃのきもちががったいしたらalohaの気分になりました。

Aunty Hoku at the Kabuki

Image
アンティーホークーとアンクルパリをかぶきにつれていきました。さいしょは歴史の物語でしたが、ひじょうにハワイの歴史に似ているので、みんなで”うんうん”とうなうきながらみてました。第二部に踊りがあり、日本のすばらしさをみせてあげることができました。衣装も踊りもすごい物でした。しし舞でした。親子のライオンが踊る。子供を強く育てるために厳しく着ん連をさせる親。その踊りがもう何とも言えない演技とたいりょうく。踊りが好きな人にはぜひ見るべき文化です。

Maui Hula Coup

Image
もうすぐ出来上がり。マウイのフラクープのメインハウス。左がガレージ、手前が風呂場、後ろに家、にかいだてです。来年にはつかえるよ!

Roual Lahaina Luau

Image
最後の夜カウイが私をルアアウに書体してくれました。レアの奥さんのメルはここでダンサーです。キモはミュージシャン。料理はハワイアン。ラハイナのサンセット見ながら、すてきなふらしょーをみました。

Hana

Image
カウアイから戻ってすぐのハナのともだちにあいにくねくねみちをあがっていきました。そこのいえのぺっとはいのししだった。カロもあった。

More

Image
インターネットがないためブログがでkなかったので、いくつかまとめてあげました!Niihau Shellのワーク、はむらサイミン、ワイメアキャニオン、まだまだもっともっといっぱいふかくひろくありますが、ハウマナの写真もいっぱいあるのでみてください!