Elevate and Expand! Hula is Life! Maui and Lānaʻi, Honolulu and Hula Oni E

2019の一年はフラ人生の中でもないようがとても深い一年だった。コンペを中心にしてフラをやってない私たちにとって、ことしはなんとソロ3回グループ一回コンペに挑戦しました。
まず、フラオニエ2019に出させてもらったことをブログにかきます。そのあとソロのストリーもかくので全部読んでね!
フラオニエ2019。メンバー6人。その中の一人はカヒコでソロ。練習いっぱいして、ファンドレイジングも沢山やった。辛い日もあったけど、本当にたのしかった!みんなで頑張って頑張って練習しながらはしゃいで遊んだり楽しんだりもいっぱいしたし。ちょうまんぞく。とにかくみんな性格が良くって、教えやすいし、いつもニコニコ、元気が良く、ポジティブ、お互いをしっかりサポートしてくれました!


そして、日本大会でその上優勝できた時ハワイに行ける!次はハワイ大会だ!と盛り上がったのと、みんな泣きながら感謝の気持ちにあふれてました。辛い時もあったけど、みんなお互いを支えて、引っ張って行って、教えあって、手を伸ばしあった。
ありがとう!

次はハワイですね。でもコンペで踊った曲はマウイ島にあるワイルクの話。イカイカブラックバーン氏が作曲したNANI WAILUKU. まずそこに行かなければ。。。実際に自分の目で見てʻike 経験してよく感じてやっと踊れるんだもんね。
ソロのカヒコはI Waikapū Kealoha. この曲もマウイ。Nā Wai ʻEhāの場所全部まわった。
練習もノンストップ。
クムもきてくれたし!
それからマウイアドベンチャーがはじまった!
曲に出てくる場所全部見に行こう!と半端じゃないよ。ぜんぶだよ!次から次。
山から川。

川から森まで、



それだけではない。ついでにラーナイ島まで1日リサーチのために旅をしたらミラクルワンダーフル素敵な沖ごとが私たちをむかえてくれた!恵まれてるみんな!一生忘れないこの度、この経験になってきた!
まず、ラーナイ島にいくのはラーハイナからフェリーに乗っていく。朝6:00ごろに家を出て、車を駐車して並んだ。こんな早い時間どんな人がマウイからラーナイにいくんだろうと思ってたら、かなりいっぱい。道具を持った大工さんとか、誰かのおじさん、誰かのおばさん、早く並んだおかげで二階に座ることができた。動き出して後ろを振る向いた時、みんなの曲に出てくるワイルクの山の裏が見えた。マウナカハラヴァイの裏にラーハイナがあるんだね。


そのまま1時間ほどたつと目の前にラーナイが広がった。
この島に何が待っているんだろう!
港の近くまでくるとラーナイの奥まで見えた。
まず、この島の交通は不便。ホテルに泊まってなければ、バスも何にもないので、シャトルバンにお金を払って一つしかない町、Lanai City まで車を借りにいくしかない。私がそれをやってる間、ガールズはビーチではしゃいで泳いてました。
もちろん写真はありません。わたしはいなかったから。。。
これから楽しい1日が始まった。
ガールズをピックアップしてまたもやLanai City に戻り、シャトルバンのお兄さんにおすすめされたCommunity CenterでLanaiの歴史を学びに行った。実は、ダンサーの中の二人はLANAIの曲を以前踊っていたのでどこかで踊りたいね!とみんなでつぶやいていたところ。とにかくLanai Historyのディスプレイをじっくりみていると、あるおじさんが入ってきて話しかけてくれた。なんとこの方は日系、人生まれ育てもラーナイ、ラーナイでは有名ナUncle Albert Moritaです。ウクレレを持っていて、フラガールズ?と聞いて、ぼく弾くからおどって。Lei Koele を歌ってくれた、もう一曲は知らないけどCDあるよと言って、Kuana Torres Kahele のLānaʻikaulaをくれた。もちろんおどった!
とにかく感動。これがみんなの感動フェイス。こんなの乗せたら怒られると思うけど、面白いから、はいどうぞ!





          そしてLANAIで有名なPINEAPPLEを作りました。
つずけるね。Koele にあるLodge at Koeleを見に行ったら大工事中でした。Four Seasons Hotelになる準備、私たちに止まれない幻のホテル。でも近くまで来たからちょっと冒険。Ranchがあったので入ってみたら可愛いロバがいた。でもどれだけ読んでもこっちを振り向いてくれない。
馬もいっぱいいたので写真をみてください。
Cowgirlの気分。

そこにいた本物のCowgirlさんとお喋りして、一休み。
本物Cowgirlさんとお話しをして次の行動を決めて行った。それはKeahiakaweloまたはGarden of the Godsと呼ばれている場所。

ここはWahi Pana 、場所にストーリーが関わっている。大きい石から小さい石でいっぱい。タワー担っている石、ただただ転がっている石。


伝説ではLanai島とMolokai島のカフナが自分の島で一番長く火をもやしつずけられるかのコンテストをやった。Lanai島のカフナKawelo はこの場所で周りの緑を全部使い切って火をもやしつずけたそうだ。この日Molokai島まで見えた!

 この場所にいく為には4WDじゃなければいけません。Koeleからいく為に永遠と赤土の上を車ではしった。途中でもう私は帰れないかもと思ったけど、なんとか先が見えてたどり着いた。緊張しました。
そのあと、またLanai City に戻って、町のCAFEでランチをたべたらそこのオーナーが外の水道で車を洗わせてくれた。なんて親切。または、車がかなり汚れてると思われたか。。。。。?
次はマウイ。
Ku kia'i mauna. 知ってますか?ハワイ島の申請な山Mauna Keaに世界最大なテレスコープたてようとハワイ州の政府が計画して反対運動が全部の島で起こった。ラーナイから返って来たその夕方マウイのカフルイで小さなデモがあり、クムがそのリダーだった。私たちもハワイの文化、カナカマオリのサポートをする為、ほ歩道にたたせてもらった。


 ハーラウの家は農場。なので、コンペ用のレイなどはここに咲いてるlau kī, 要するにティーリーフなどを使う。カヒコを踊るソロダンサーの為に使うレイの為に沢山のティーリーフを収穫して、親友のフラダンサーのカウイに作るのを手伝ってもらた。


 その間にコーヒービーンズも収穫、マンゴもね。

マウイの最後に生地屋さんで買い物してたら、私の仲良しのベリンダとばったりあって、サーフィンに連れて行ってもらえることになった!彼女の息子は今流行りのフォイルサーファー。

Kane the surfer! かっこいいどころか。。。。

初めてのサーフィン。け〜〜ん!Kaneはどこに?
これでマウイの旅あ終了。次は本番。コンペまであと2日。

O'ahuまでみんなで行こう!! でもどこで練習をすればいいの?と悩んでいたら、私の仕事関係の仲間がオアフで壁画のアートをやっている。彼のおじさんがあの有名な最高なクムUncle Ed. ハーラウを練習の為に貸してくれることになった。
Estriaはホノルルのカカアコにある壁画を始めた人。もともとはカリフォルニアのオークランドで活躍をしてたが、ハワイに帰ってきて今はMELE MURALSの代表。子供たちにへきがに絵を描くことを教えてる。
それからコンペの日がきた。リハーサルは朝早くあったのに、マウイからイカイカ・ブラックバーン氏がやってきた。
問題なくリハを乗り越えて、それから長い待ち時間。ホテルの中であったコンペなので、カンファレンスルームを一部屋かしたくれて、そこでまって、準備をした。
お昼にマウイからマルコム、カウイと愛ちゃんがコクアをしにきてくれた.
出来上がり!出番。
結果。グループ4位
結果。ソロカヒコ2位
みんなお疲れ様。先生がおごってやるよ。パンケーキこのあとどっさりきました。
今回のコンペで私は先生として沢山学ばせてもらいました。みんなの中良いつながり。絶対にいつもチーム。愛を投げて、愛を受け取る。やってよかった。いつまでも私のいいおもいでになるでしょう。
ハーラウ・ナープアリコロケラニのために踊ってくれて本当にありがとう!Ku'u Milimili!
変な写真でしめます。





なるほど、仲良しってこんな感じか。
みんなこのフラジャーニーで学んだことを生かしてハーラウのみんなに愛で返してあげてね!先生はみんなを愛してるよ!
LOVE YOU GUYS! (dats my mom.... inside joke)

Comments

Popular posts from this blog

Kū Mai Ka Hula Japan with Ahumanu

Lei of Aloha 11 & Hālau